情報商材の販売は稼げない?稼げる理由を解説

「副業として考えているけれど、情報商材の販売は稼げないのではないか」と不安に思っている方もいると思います。

今回は、そんな方に向けて、情報商材の販売は、本当に稼げるのかどうかという点について、解説していきたいと思います。

まず、結論から言うと、「稼げます」
その理由について、解説していきたいと思います。

理由の1つ目は、「競争率が低い」という事が挙げられます。
まず、情報商材の販売は、競争率が他のネットビジネスと比較しても低いです。
なぜかと言うと、今の皆さんのように、「情報商材の販売って敷居が高そう」と思っている人が多いからです。

逆に、入りやすい副業はたとえば「ブログアフィ」とかですよね。
ブログアフィはかなり競争率が高いのは、皆さんもご存知だと思います。

理由の2つ目は、「多くの人を集める必要がない」という理由です。
これはどういうことでしょうか?
皆さんは、情報商材の相場をご存知でしょうか?
情報商材は、一つにつき30万とかしたりします。
「高い」と思うかもしれませんが、実際、これくらいの値段の情報商材はたくさんあります。

そして、このような情報商材を実際に購入してくれる人もいるのです。
仮に一人が購入してくれたら、それだけで「月収30万」になってしまうわけですから、これが稼げないわけ無いですよね。

理由の3つ目は、「昔からある」という事です。
皆さんは、情報商材というと、何十万もするものを思い浮かべるかもしれませんが
実は「情報を売っている」という意味では、書籍も情報商材です。
本が情報商材なのであれば、「稼げない」という言葉により一層信憑性を感じなくなってきますよね。

理由は以上のような感じです。
ですが、「情報商材の副業って、実績がないと厳しい」とか「誰でもできるわけではない」とおっしゃる方もいると思います。

ですが、情報商材の販売は、基本的に誰でもできます。
皆さんが持っている「スキル」や「得意」を活かせば、稼ぐ事は十分に可能です。
例えば「ゴルフのやり方」とか「ギターの弾き方」とかでも、やり方によっては情報商材になります。

ですが、どうしても「発信できるものがない」と思う方は、一から発信できるようなものを作り上げていきましょう。
そして、その作り上げたものを情報商材として売るのです。

副業の中ではトップクラスに稼げるものですので、是非挑戦してみてくださいね。